Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://inakami.blog120.fc2.com/tb.php/111-19ef2743
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

HD-PSG250U2

BuffaloのポータブルHDDです。
手持ちの40GBの奴が手狭になってきたものの、今更IDEのHDDを買って取り替えてもWD2500BEVEの250GBが限度なので、新規で買うことにしました。
ちゃんとしたメーカー品は高いのでHDDケースと中身をバラで買うことが多いのですが、こいつの仮想CD機能に惹かれて選びました。

ヨドバシで12800円+ポイント20%でした。ポイントマジックを考慮しても、怪しげな通販の店で買うよりは安いのでまあよし。

仮想CD機能


ほぼこれが購入理由。
ハードウェア的にUSB-CDドライブをエミュレートする機能があって、HDD上に格納したISOイメージをマウントしておくと、外付けCDドライブを用意しなくても使用可能。

DAEMON Tools等のソフトウェアと違い、ハードウェア的なエミュレーションを行っているため、OSのインストールCDやら起動ディスクも使えます。

ユーザーが自由に使える仮想ドライブとは別にユーティリティCD用のドライブもあり、こちらは中身を入れ替えることはできません。(後述のモード切り替えでオフにすることは可能)
本体スイッチの設定

USBコネクタの横にモード切り替えスイッチがあって、
  • OFF:仮想CD機能を使用しない
    通常の外付けHDDと同じような振る舞いをします。
  • 1:ユーティリティCDと仮想CD機能を使用
    USB-HDDに加えて仮想CDドライブとユーティリティCDドライブの3つのデバイスが認識されます。
    起動順序としてはユーティリティCDドライブが優先されます。これには、Acronis TrueImage LEが収録されていてインストールなしでデータのバックアップ・復元ができます。
  • 2:仮想CD機能のみ使用
    USB-HDDと仮想CDドライブを認識します。
    仮想CDドライブに起動可能なイメージがマウントされていればそこから起動することも可能です。
制限とか

  • ISOイメージの格納先パーティーションはFAT32でフォーマットされている必要がある。
    相変わらずこの手のソフトのNTFS対応は全然進んでないようで。
  • ISOイメージを入れ替えるにはWindows上で専用ソフトを使う必要がある。
    ユーティリティCDから起動してイメージ入れ替えてOS復旧みたいな事は出来ない。別のPCがあればさほど問題ではないが。
  • 上記制限に関連して、一度パーティーションをNTFSでフォーマットしてしまうと、パーティションサイズが32GBを超えていると、Windows上からはFAT32にフォーマットし直すことはできないので、ユーティリティCDのDiskFormatterを使う必要がある。
    (これは専らOSの制限)

ユーティリティCD
  • ユーティリティCDはHDDとは無関係なところに保存されているようなので、パーティションを開放しようが、フォーマットしようが、無くならない。

中の人の性能


搭載されていたHDDは、Hitachi HTS543225L9A300でした。

CrystalDiskInfo_HTS543225L9A300.png

HDTune
TurboUSBを設定していない状態。
HDD自体のアクセス速度に対してUSBがボトルネックになっているのか、SSDのようなフラットなアクセス速度に。
HDTune_Benchmark_Hitachi_HTS543225L9A300.png HDTune_Info_Hitachi_HTS543225L9A300.png

CrystalDiskMark
HDTuneとほぼ同じ結果に。
CrystalDiskMark_HTS543225L9A300.png

デバイスの認識


初期のHDDの中身
ランチャー等が入っていますが、大したものは入っていない。
消してもDiskFormatterでフォーマットし直せば復活する。
DATAフォルダは試しにWindows XP SP3 Pro VLのイメージを入れた後なので、購入直後はほぼ何も入っていません。
HD-PSGU2-DataDir.png

デバイスマネージャ
USB-HDDと仮想CDドライブ2つを認識しています。
userがユーザー用でutilはユーティリティCD専用です。
HD-PSGU2-Mode1_DevMgr.png

Mode をoffにすると普通のUSB-HDDと同じくシンプルに。
HD-PSGU2-Modeoff_DevMgr.png


ディスク管理
普通にCDドライブとしても認識しています。ドライブレターを3つ使います。
HD-PSGU2-Mode1_DiskMgmt.png HD-PSGU2-Mode1_MyComputer.png

NTFSにするとランチャーで怒られる
HD-PSGU2-NTFS.png

その他気づいたこと


  • USBの給電能力を限界近くまで使うので、USBを延長ケーブルで取り回していたり、バスパワーHUBを介していると電力不足で動かないことがある。
    付属のUSB-DCケーブルを使えば問題ないが、利便性は下がる。
  • 認識まで少し時間がかかる。
    アクセスランプがつくまでに3-5秒程度かかり、それからOSが認識するようになる。デバイスの起動がBIOSのPOSTに追いつかずに仮想CDを認識できないことがあるので、起動後にCtrl+Alt+Del等で再起動すれば認識できる。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://inakami.blog120.fc2.com/tb.php/111-19ef2743
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール


Author:いなかみ

主にMicrosoft製品、自作PC、デジタルアイテム等の雑記帳という名の中の人のメモ帳。たまに思っていることをぼそっとつぶやくエントリもあります。

かうんた

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。