Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://inakami.blog120.fc2.com/tb.php/68-b4107d9e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

OS起動時にネットワークドライブが利用可能にならない時の対処方法

Windows XP以降だと、起動時にネットワークドライブが切断状態になってしまう事が多いですが、その原因と対処方法とか。
Windows XP / Vistaでは、サービスのスタートアップが完了し、OS起動時にネットワークが利用可能になる前にエクスプローラが起動しユーザーの操作が可能になります。
逆に、Windows 2000以前や、Windows Server系のOSにはこの機能がないため、エクスプローラーが起動する前にネットワークが利用可能になります。


この機能ため、起動直後にはネットワークが利用できないことになり、ネットワークドライブも開けません。

  • 「コンピュータ起動時とログオン時にネットワークを常に待つ」ポリシー設定を有効にする。
    グループポリシー オブジェクト エディタを開き、コンピュータの構成>管理用テンプレート>システム>ログオンの中にある「コンピュータ起動時とログオン時にネットワークを常に待つ」を有効にします。

    この設定を行うと、Windows2000以前のように、コンピュータの起動時にサービスのスタートアップとネットワークの初期化を常に待つようになります。そのため、ログオン時にはネットワークが利用可能な状態になります。
  • ネットワークが利用可能になったら、手動でネットワークドライブをマップする。

    ネットワークドライブをマップするには、
    net use [ドライブ名:] [\\コンピュータ名\共有名] /PERSISTENT:no
    を実行します。/PERSISTENT スイッチは、次回ログオン時に自動的にドライブをマップするかどうかの設定です。この場合は常に手動でマップするので、noにします。

    これをバッチファイルに書いて、スタートアップから実行すればいいのですが、スタートアップから実行される時にはネットワークが初期化されていない可能性が高いので、マップが成功するまで再試行するようにします。

    :loop
    net use [ドライブ名:] [\\コンピュータ名\共有名] /PERSISTENT:no
    timeout /t 1
    if not exist [ドライブ名:]\ goto loop

    timeout.exeは、マップが失敗してから再度マップを試みるまでの待ち時間を確保するためのものです。Windows XPにはありませんが、Windows Server 2003以降には標準で搭載されています。


自分は後者の方法を取って、その後のコマンドとしてHTPC用のソフトを起動するような使い方をしています。

プログラムを起動し、終了を待たずに次のコマンドに移るには以下のように書きます。
パスを""(ダブルクオーテーション)で囲む場合は、単に囲むだけではタイトルバーがプログラムのパスになったコマンドプロンプトが出てきてしまうので、空でもいいのでタイトルバーの文字を指定し、その後にプログラムのパスを書きます。


start [プログラムのパス]
start "" "[プログラムのパス]"

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://inakami.blog120.fc2.com/tb.php/68-b4107d9e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール


Author:いなかみ

主にMicrosoft製品、自作PC、デジタルアイテム等の雑記帳という名の中の人のメモ帳。たまに思っていることをぼそっとつぶやくエントリもあります。

かうんた

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。