Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://inakami.blog120.fc2.com/tb.php/96-8098db6d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Windows VistaのSMB 2.0は使えるか(2)

前回はHDDの性能の影響でSMBそのものの性能が測れなかったので、今度はRAMDISKを使用したベンチマークで計測。

環境


基本的に前回と同じ

Server PC
Core2 Duo E6400 / DDR2 800 4GB / Intel DG965WH / Intel 82566 Gigabit Ethernet Connection
Client PC
Pentium DC E2160 / DDR2 667 2GB / MSI P6NGM-FIH / NVIDIA nForce Networking Controller
サーバー側OS
クライアント側OS

HUB
LSW3-GT-8NS
RAMDISK
Qsoft RAMDisk Enterprise (full) 5.3.1 / 704MB / NTFS
ローカルでのベンチマークでシーケンシャル 1GB/s ランダム 400MB/s 以上のアクセス速度を確認

結果

CrystalDiskMark 2.2.0で、5回 100MBに設定しRAMDISKをマウントしたネットワークドライブを測定
タスクマネージャーのグラフは、左の方から
  • Seq Read
  • Seq Write
  • Random512K Read
  • Random512K Write
  • Random4K Read
  • Random4K Write
  • になっています。
    Windows Server 2003 / Windows XP

    Bench_Win2003_WinXP_CrystalMark.png Bench_Win2003_WinXP_taskmgr.png
    Windows Server 2003 / Windows Vista

    Bench_Win2003_WinVista_CrystalMark.png Bench_Win2003_WinVista_taskmgr.png
    Windows Server 2008 / Windows XP

    Bench_Win2008_WinXP_CrystalMark.png Bench_Win2008_WinXP_taskmgr.png
    Windows Server 2008 / Windows Vista

    Bench_Win2008_WinVista_CrystalMark.png Bench_Win2008_WinVista_taskmgr.png

    OSによる違い

    Windows Server 2003 / XPと Windows Server 2008 / Vistaで比較すると、ほとんど差がありません。
    LANの速度が1GbpsまでならSMB2.0のために積極的にOSを変える意味はないことになります。

    #多数のクライアントで同時アクセスした時の速度の落ち方とか、10Gbps以上のLANだと、また話は違うのかもしれないが、一般向けだとまだ現実的ではない。

    #OSを移行させる理由の一つとして考えていただけにいささか残念ではあるが、逆にまだまだWindows XPでも行けるとも考えられるわけで。

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://inakami.blog120.fc2.com/tb.php/96-8098db6d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール


Author:いなかみ

主にMicrosoft製品、自作PC、デジタルアイテム等の雑記帳という名の中の人のメモ帳。たまに思っていることをぼそっとつぶやくエントリもあります。

かうんた

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。